社会保険労務士試験の勉強法ネット

 社会保険労務士試験 選択式試験対策

■社会保険労務士試験の選択式問題とは?
社会保険労務士試験では、選択式問題が8題出題される。長文の設問の中に5種類の空欄があり、それを埋める形式である。

空欄はA~Eと記されているが、Aが2つ出てきたりCが3つ出てきたりすることもある。だから空欄は5種類だが、5つとは限らない。

選択肢は、設問の下の方に20個提示されているから、そこから選ぶことになる。・・・と言うとなんだか簡単そうだが、そうは問屋が卸してくれず、迷ってしまう選択肢がいくつもある。

ただし、この選択式問題も、基本的には知識を問うものであるから、勉強さえしておけばこわくないはずである。

ただし、択一式問題が知識重視であることに対し、選択式問題は理解重視である感がある。だから、これは丸暗記だけでは対処できない。

■選択式問題の問題文の読み方
さっき、「択一式問題の問題文は、返し読みをしてはならない」と言ったが、選択式問題では、そうはいかない。少なくとも、2回は読まないといけない。

でも読み方の注意は択一式問題と同じで、一語一語吟味しながら丁寧に読むことが大切である。

そして、選択式問題を解くときは、空欄まで読んだら、まずその空欄に入る語を(選択肢を見ずに)自分で考えてみよう。

そして、自分で考えた語をメモしながら、問題文を最後まで読んでいくのだ。空欄を全て自分で考えながら、である。

というのは、空欄にぶち当たる度に選択肢を見回すことになると、そこで思考が中断してしまい、効率が悪いからだ。

そして、問題文を最後まで読み終わってから、自分がメモした言葉と同じものを、選択肢から探すのである。全く同じ語でなくても、おおよそ近い意味の言葉が選択肢の中にあれば、それが正解だ。

それから、数字の選択肢が結構多いので、保険料率や乗率などの重要な数字は、確実に覚えておくこと。保険料率などは、年度によって違ってくることも多いので、テキストや他の情報は、必ずその試験年度対応のものを憶えることも重要である。

社会保険労務士試験の問題に対応する法令は、通常はその試験年度の4月に施行されているものだ。通学や通信教育の勉強法の人は、学校側が正しい情報を発信してくれるので、その点は安心だと言えるが、独学の勉強法の人は、充分注意して情報を集める必要がある。情報集めも試験のうち、なのである。

>>合格のための勉強なら、通信講座がオススメ!